移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/20)
10・10 デブになったブラジル人

10・10 デブになったブラジル人 (2012/10/11) この頃、腹が出てきた。ビールも炭酸飲料水もほとんど飲まないのに何故だろう? 飯を食うと眠たくなって寝てしまうのがまずいのか?? もっとも、一番の原因は歳だろうが・・・・。
 デブっている人がびっくりするほど増えた。これほどになるとアメリカ並みといえるのではないだろうか、男も女も老人も若者もでっぷりと腹が出た人が多い。かわいい顔をしているのに、大きなお尻や出っ張った腹をみると、がっかりしてしまう。これほどデブが増えたのはブラジル人の食生活が大きく変わってしまったからだろう。
 すっかりアメリカン・ナイズされたブラジル人の生活に、ハンバーガーなどのファースト・フードやポテトチップなどのスナック類、日本からはインスタント・ラーメンが怒涛のように流入した。ただでさえ、肉食のブラジル人は栄養のバランスが狂い、ドンドン太っていく。その上、車はどんどん増え、バスやメトロなどの交通網が整備され、歩くことも減っているから太るのも当然である。
 知り合いの女性は「水を飲むだけでも太るのよ」と嘆いてでっぷりと出た3段腹の脂肪をつかんで嘆く。単にダイエットしてもダメだと思うのだが? やはりバランスの取れた食事と適度な運動がひちようなのだと思う。
 こんな状況だから、どんどんフィットネスセンターが増えている。その割には、ジョギングする人が少ないのが不思議だ。道を走るのにはお金もかからないのに。もっとも、治安の悪さも影響しているのかもしれないが、ブラジル人はみえはりだから、フィットネスセンターに通って、かっこよく痩せたいというのが本年だろう。
 整形が盛んなブラジルでは、お腹の脂肪を吸い出している人も結構いるらしい。知人の女性が、痩せていたので「痩せたね~」というとうれしそうな顔をして「恋人ができたから」と言ってニッコリ微笑みかけてくれたたことがあった。あとで他の知人が「お腹の脂肪を吸引したのよ」とこっそり教えてくれた。お金があれば、簡単でいいかもしれないが、この手術で死んだという話もきく。
 ブラジル人はデブに寛容な国民だが、最近はちょっと度を越した人が多くなった。日本にいれば、決して痩せているとは思われない僕でさえ、ブラジルでは、痩せていると見られるのだからブラジルのデブ度には驚いてしまう。健全な体を維持していくのが、ほんとうに難しい社会になってきたと思う。
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.