移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
11・12 ガロアの季節 [画像を表示]

11・12 ガロアの季節 (2012/11/13) 雨のしょぼ降るガロアが続いている。
 ガロアとはポルトガル語で霧雨の意。このガロアという言葉が哀愁を帯びていて好きだ。ガロアの日に独り部屋で何も考えずに本を読む、まさに憧れのひとときだ。
 今日の雨はガロアというほど霧状でなく、時にこれでもかというほど強く降るが、ガロアともいえなくもない。こういう薄暗い日には読書にうってつけの日なのだが、朝から銀行の支払いやら、なんやらかんやらと用事があり忙しい。犬たちが布団に包まって寝ているのをみると、全くうらやましくなってしまう。いつもは煩く見送ってくれる犬たちも、横になったまま。身体も動かさず、薄目を開けるだけである。
 ガロアの日は精神的にはしんみりとして落ちつくのだが、温度が上がったり下がったりで毎日の温度差が大きいせいか、血圧も上がったり下がったり、体調も思わしくない。なかなか適応しきれない身体がうらめしい。
 やっぱり、ガロアの日は布団に包まって本を読むのが一番なのだ。


DSC_0326.jpg
雨が降ったり止んだり、ついつい外に出るのが億劫になる。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.