移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/08)
12・17 もうすぐクリスマス [画像を表示]

12・17 もうすぐクリスマス (2012/12/18) 年末のせいか、メルカードにはいつもより買い物客が多い。品物もこころなしか普段よりそろっているような気がする。今きがついたのだが、もう来週はクリスマスではないか。どうりで買い物客が多いわけだ。来週はメルカードも休みで魚も入荷しないだろうし、もう少し魚を買っておけばよかった失敗! ここ数年、クリスマスも年末も全く普段と変わらぬ生活をしてきたので気がつかなかった。
 そういえば、何年もクリスマス・正月らしいことを家では何もしなかったような気がする。31日にせいぜい年越しソバを湯がいて終わりである。日本に居た頃は、母がクリスマスケーキに年越しソバ、お雑煮そして高知名物のさわち料理を作り、否が応でもクリスマス、正月を感じたものである。その頃の生活は懐かしいが、今となっては、さほどそうした行事の食べ物を食べたいとは感じなくなってしまった。あまりにもそうした生活とかけ離れてしまったせいかかもしれない。
 正月はそれほどではないが、クリスマスはブラジル人にとって、最大の行事であるから、家庭の主婦は腕によりをかけてご馳走を作る。豚の丸焼きに七面鳥の丸焼き、鱈料理などが主なクリスマス料理である。メルカードでも、マグロ、サーモンが飛ぶように売れ、塩鱈が山のように並べら売られていた。馴染みの魚屋の売り子のオバサンにきくと、1日にえびが200キロも出ているそうだ。
 年末の行事は多分今年も何もしないだろうが、今年も、もう終わりと思うと、なんとなく寂しい。

DSC00229.JPG
子豚の丸焼き用の子豚

 
 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.