移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/28)
1・11 雨と倒木 [画像を表示]

1・11 雨と倒木 (2013/01/11) 年が明けてから、よく雨が降る。それもスコールのような豪雨が。雨が降り始める前に風が吹き始めるから、屋外にいるときには、風が吹き始めると軒下を探すクセがついてしまった。
 今日は1日で8本の街路樹がサンパウロ市内で倒れたそうである。雨前の突風は、傘を差して歩けないほど強く吹くから街路樹が倒れた聞いても、不思議に思わない。なにしろ、どの街路樹も10m~20mほどの樹高があり、枝を目一杯伸ばしている。その上、根は地表をはっているくらいだから簡単に根こそぎに倒れる。以前、バスに倒れた木を見たことがあるが、根は地中50センチほどしかないのを見て驚いた。「これじゃー、倒れるのも当然だな~、これだけのわずかな根でよくこれほど成育したものだ」と妙な感心をしてしまった。それ以来、風が吹き始めたら、木の近くにいたら危ないと思うようになったった覚えがある。
 雨は降るし、朝夕は肌寒いし、それこそ一雨ごとに秋がきている感じがする。このまま、夏が終わるとは思えないが、雨が毎日降ると、気分もふさぎがちになる。2月中旬にあるカーニバルにはからっと晴れて欲しい。

DSC_0471.jpg
セ広場の街路樹。これだけ大きくなると倒木が怖い


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.