移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/03/28)
2・17 中華料理

2・17 中華料理 (2013/02/18) 久しぶりにおいしい中華を食べた。何年も前に一度入っておいしくなかった店であるが、オーナーが変わったようで、メニューもがらりと変わり、安くてうまい。リベルダーデの中華食堂は、オーナーがめまぐるしく変わるので、注意が必要である。
 飲茶を中心に何点か食べたが、どれも水準以上、その上1品6レアルという安さ。ただ、どこの中華と同じく、サービスが悪い。注文しようと給仕のおばちゃんを呼ぶと、いかにも嫌そうに顔をしかめてやってくる。おそらく、一度に注文しろよ、と思っているのだろう。そういえば、以前他の食堂でも、一度に注文せずに文句を言われたことがある。中国では残すのが普通らしいから、皆一度に大量に注文するのだろうか
 つい、最近中国に駐在の経験のある方と話した。「ブラジルが100倍いいですね。食べ物はおいしいし、清潔だし・・・・」もともと中国なんて生きたくないと思っているが、彼女の話を聞いて絶対いきたくないと思ってしまった。
 でも、中華料理はおいしいんでしょ? と聞くと、本国の中華料理は味の素や添加物が一杯入っていて薬の味がするとのこと。サイトのニュースで中国の食品について何度か読んで、そこまではひどくないだろうと、言うような記事を何度か読んで、話半分程度程度に理解していたが、あながち本当のことかもしれない。
 中国の金持ちの半分以上が移住を考えているというのも納得がいく。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.