移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/22)
4・17 情報管理 [画像を表示]

4・17 情報管理 (2013/04/18) メールでカメラフェアーの案内がきていたので、ちょっと行ってみようかという気になりのぞいてみた。
 はっきり言ってがっかりした。入り口での手続きが煩雑なうえに、カメラなどの出展数はあまりにも貧弱すぎて、苦労して入場したのにもう見る気にもならなかった。特に入り口での手続きは腹立たしいもので、住所からEメール、仕事場、ドキュメントンンバー、すべてを書き込まなければならなかった。
 書き込んだ用紙を持って受付にいくと、責任者らしい男が、僕の用紙をチラリとみて
「全部、全部書き込んで!」と口を尖らしていう。こうした情報を彼らはどうするのだろう? どこからか漏れているのか、これらの情報を書いた後には商品の売り込みや、迷惑メールが急激に増える。
 もう入るのもやめようかと思ったが、せっかくここまできたのだから、という気が勝った。ぐっと我慢して、メールアドレスを書き加えて、受付にもっていくと今度は若い女性だった。
「会社は?」「ない」「働いている所は」「無い」だんだん頭にきて「無いものは書けない!!」と怒って言うと、さすがにその女性は申し訳なさそうな顔をして入場券を渡してくれた。隣にいた先ほどの男が、一瞬こちらをみて何か言いたそうな顔をしたが何もいわなかった。、おそらくあまりに煩くて怒って帰る人間も結構いると思う。たかだかこれだけの展示会に人の情報を取り立てる、これは大いに問題があると思う。これらの情報はきちんと管理されているのだろうか? 巷ではセントロあたりで、人の情報リストがDVDで焼き回しされ売られているという。自分の知らない所で自分の情報が売買され、使われていると考えると恐ろしい。知り合いの女性は自分の知らない所で電話契約がされ、電話料金が請求されたらしい。まったく恐ろしい話である。
 ブラジル人は、何かにつけすぐ、個人情報を書かせようする。ほとんどは、これらの情報管理はちゃんと行われていない。もし、今後、迷惑メールや迷惑電話が増えたら主催者に文句を言ってやろうと思っている。

DSC_2044.jpg
何回行ってもお気に入りの朝日はとれない。太陽の軌道が変わってしまい半年またなければならないようだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.