移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/09/20)
6・30 無農薬野菜 [画像を表示]

6・30 無農薬野菜 (2013/06/29) 毎週末、アグア・ブランカ公園で行われている無農薬野菜の市に行くのが習慣になってきた。以前は10時ごろに行っていたのだが、8時半ごろの方がいろんな野菜があることを知り、早めにいくようになった。何もバスに乗ってまでして無農薬野菜を買わなくても・・・と自分でも思うのだが、小さいころから、普通に販売されている野菜等は危ない、と教えられて育ってきているのでしようがない。まったく教育とは恐ろしいものだ。そんなことを考えていると、中国や韓国の子供たちは、幼いころから日本は悪だと教えられて育っているのだから、大人になって「日本は悪」、目の敵にするのも納得がいく。
 初老になりはじめた今更、無農薬野菜を食べてもしようがないような気もするが、自分が食べたい、と思っているのだから仕方がない。少しでも、この考えが息子に伝われば、と思っている。
 無農薬野菜を売る人も、買う人も、きちんとした思想を持っている人が多いせいか、来る人は、皆一様に礼儀正しく、ソフトである。売ってくれてありがとう、買ってくれてありがとう、お互いに感謝しているのが感じられる。とにかく売れればいい。安く買いたたければいい、という人が少ないので、普通のフェイラ(青空市場)のような不愉快な気持ちにはならない。ここに来る人たちはそれなりに教育程度が高く余裕のある人たちなのだろう。
 今まで、見るからに不味そうなので西洋ホウレンソウを食べたことがなかったが、日本産のホウレンソウがなかったので購入して食べてみた。これが、思った以上においしいのである。おひたしなどにはあまり向かないだろうが、一度ゆでて、バターで炒めて卵とじにしたら、歯ごたえがあり、日本産よりおいしいかった。
 あれもこれもと、ついつい買い過ぎてしまうのが、難ではあるが、毎週土曜日の無農薬野菜の買い物はいろんな発見があり少しずつ楽しみになりつつある

DSC00012.jpg
売られているのは葉野菜が中心

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.