移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/04/05)
11・5 交通網とW杯 [画像を表示]

11・5 交通網とW杯 (2013/11/06) 「今日は、電車もメトロもバスも問題なく動いています」
7チャンネルのアナウンサーが朝の最初のニュース番組でいう言葉である。日本でそんなことを聞いた覚えはないが最近はそんなのことを言うだろうか? 特に最近サンパウロでは公共の乗り物で問題があることが多く、こうしたお知らせは確かに必要である。もう、サンパウロの交通手段は、人が多すぎて、車も、メトロも、バスも、一杯一杯で、ちょっとした事故が公共の乗り物の遅延につながってしまう。
 僕は、自宅で働くことが多く、撮影の仕事が入ってもラッシュ時に出かけなければならないことはほとんどないから、ラッシュ時の凄さはほとんど知らない。しかし、ニュースや人にラッシュ時の話を聞くと半端ではないらしい。もう、バスの中もメトロの中も身体を動かすことができないほど一杯で、僕が来た20年前には無い、と言われた痴漢も蔓延しているらしいし、小便を我慢できずにしてしまう人などもいるらしい。つい最近、メトロでちょっとしたラッシュに出くわしたが、それだけでもうんざりしてしまった。ラッシュ時の凄さは容易に想像できる。
 州や市は、メトロやモノレールの延長計画を発表するが、汚職や贈賄が絡みなかなか進まないし、調査不足や手抜き工事? で大穴があいたりで途中頓挫してしまうこともしばしばある。デモで掲げていた要求に、しっかりした交通網の拡充を! というのがあったが、そうだ! その通りだとと納得してしまった。
 今年、リオにローマ法王が来たときには、ブラジル中、南米中から人々が集まり交通手段はあっさりパンクしてしまった。W杯で世界中から人々がやってきたら、どうなるのだろう?
 スタジアムでさえ、まだ完成していない状態なのに、スタジアムまでの交通手段はほとんどできていないに等しいらしい。それでもブラジル政府は何が何でもW杯は強行してしまうのだろうな。そう思うと、無責任にW杯を行おうとするブラジルが情けなくなってくる。

DSC02913.JPG
ルス駅。ラッシュを過ぎた時間でもこれだけの人が利用する


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.