移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/07/07)
11・21 さくらのばか犬! [画像を表示]

11・21 さくらのばか犬! (2013/11/22)  息子のブラジリアンテリア、さくらを事務所兼居住部屋で預かっていたところ、気に入っていたKEENのシューズのゴム紐をボロボロに噛まれてしまった。発見して思わずア~っと声をだしてしまった。
最近、さくらは、足首を執拗に舐めるようになり、その部分が直径3センチほど、すっかり毛がなくなっていた。サイトで調べると、ストレスが原因のようだった。この頃、息子も彼女も忙しいようで、家にいることがすっかり少なくなっていた。さくら1匹が、アパートで過ごすことが多くなり、1匹では何もすることがないし、さびしいし、ストレスが溜まるうちに、足を舐める癖がついてしまったようだ。サイトには、散歩に連れていくようにし、できるだけ一匹にしないのが良い、と書かれていたので、うちに連れてきたのだ。うちには、ニンジャもアズミもいるし、寂しく感じることはない。足首を舐めることもほとんどなくなっていた。しかし、その代り、僕のKEENが被害にあっていたのだ!
 このKEEN,日本から買ってきたばかりの頃は、形が気に入らず、1年ほどはかずにベッドの下に眠っていた。それが、掃除をしていて偶然発見し、ちょっと履いてみようかと試したところ、風通しがよく、暑い日に2,3度履いているうちにすっかり気に入ってしまったのだ。水の中でもジャブジャブ歩ける、ほとんどサンダルのような、穴だらけのシューズであるから、本当は蒸し暑いアマゾンに行ったときに使おうと思って買ったものだった。
 サンパウロでも、暑い日に履くと、非常に快適で、使う頻度が徐々に高くなっていた。値段的にもそんなに安くないものなので、サンパウロのアスファルトで使うのは、ちょっともったいない感じがしたが、しばらくアマゾンやパンタナールに行く機会もなさそうだし、また日本に行ったときに購入すればいいや、と思い、サンパウロで使うことにしたのだ。そのKEENのゴム紐がボロボロにされるとは・・・、もうトホホであるが、起きてしまったことは仕方がない。あいつも決して悪気があったわけでもないだろう、そう思うしかなかった。もしかしたら、探しに探せばあるのかもしれないが、サンパウロで僕はKEENを見かけたこともない。そんな状態であるから、ゴム紐だけ売っているような店はないだろう。丈夫そうなゴム紐を代用するか、普通のシューズの靴ひもを代用するしかなさそうである。あ~あ・・・・。
DSC01374.jpg
散歩には行きたがるのだけど、外に連れて行くと、這いつくばってしまって歩こうとしない。超臆病な犬、さくら。何でも噛む癖があることをすっかり忘れていた。ニンジャなんかより、性格がよく、優しい犬なので、怒れない


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.