移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/08/04)
4・22 どこもかしこも危険だらけ

4・22 どこもかしこも危険だらけ (2014/04/23) 「日曜日の夜、エドアルド(息子)はアパートの前で襲われたのよ」
 と母親。
 日曜日というと僕が彼に「気を付けろ」と電話を掛けた日である。あの後会ったのに、息子はそんなことをおくびにも出さなかった。僕に「あれほど言ったのに!」と言われるのが嫌だったのだろう。あの時は、忠告する前にも一度電話をしていたので、もう一度電話をするのがためらわれたが、何となく、電話をした方がいいような気がして電話をしたのだった。息子が襲われたことよりも、自分の勘働きに、むしろ驚いた。
 幸いなことに、息子は何も持っておらず、「なんにも持ってない」というと「どこに住んでいるんだ」と聞かれたものの、息子は機転を利かして「友達の家にきた」といって逃げ切ったらしい。もし、前のアパートに住んでいると言えば、アパートにまで押し入っただろう。息子に何かあったら、とても自分の勘に感心するどころではなかったが・・・。
 翌日、母親は警察に行って、その旨を伝え、警察の巡回の強化をたのんだらしいが、「今は、どこも危ないんで、あなたのところだけ強化するには警察がたりないよ」とやんわりできないといわれたらしい。おそらく、襲われた人間が皆届ければ、少しは強化されるのだろうが、ほとんどの人は泣き寝入りらしい。
 うちの近くはもともと治安が良いとは言えないところだが、最近はどこもかしこも危ない。一度、日本からの駐在員にそのことをいうと、うちの周辺は大丈夫、というような返答が返ってきた。「自分は大丈夫」というような気持ちこそが危ないような気がするが・・・、今の強盗はそんなに甘くない。
「絶対行かない方がいい」、というような場所はあるが、今のサンパウロには、警察が言うように絶対安全な場所などない。警察があてにならないのなら、自分の身は自分で守っていくしかない。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.