移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2020/10/20)
7・4 用心

7・4 用心 (2014/07/04)  比較的すいているメトロに乗ることができ、のんびりとドア近くで窓からビル群を眺めていた。次で降りる人々なのか、僕を取り囲むように4人の人がドアに寄ってきた。その閉塞感が嫌で、わずかに空いた人と人の間から抜け出し反対側のドアの所に移った。数分後、不思議なことに、再び数人の人間に取り囲まれた。一瞬、嫌な予感がしてすぐに隙間をこじ開けるようにして他の場所に移動した。
 まだブラジルに来たばかりのころ、同じような体験をしたことを思い出した。あのときも、混んでもないのに数人の人間に囲まれ、気が付くと、財布がなくなっていた。すられたのだ。その財布には、お金も身分証明書も入っておらず、わずか数枚の名刺がはいっているのみであった。その時以来、ブラジルでは財布を持たなくなった。ちょうどあの時と同じような感じがした。しかし、離れてしばらくこの数人の人間をしばらく見ていたが、全くおかしな感じはしなかった。僕の思い過ごしだったのだろう。ただ、なんとなくブラジル人ではない感じがした。このときは、単なる僕の思い過ごしだと思い、すぐこの出来事を忘れてしまった。
家に帰って、ふと再び昼間の出来事を思い出した。どう考えても空いたメトロの中で2回も人にかこまれるなんておかしい。おそらくあれはスリ集団だったのだと思う。一度経験した手口だったので、あの嫌~な雰囲気を身体が覚えていて事なきを得たから良かったものの、もしそのまま移動しなかったらカメラを盗まれていたかもしれない。やはりブラジルは屋外でもメトロの中でもバスの中でも油断はできない。特に今はW杯中だから、ブラジルだけでなく世界中から泥棒や強盗が集まってきている。もっと用心しなければ!


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 楮佐古晶章. All rights reserved.