移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2019/02/19)
2.8煩い [画像を表示]

2.8煩い (2019/02/07)  アパートの近隣がうるさい。以前は静かであったのに、煩くなったということは新たな住人がうるさいのであろう。最近はさすがに少なくなったが、1日中太鼓をたたいたり、朝5時頃から叩く。その上、夜11時ごろになってもギターを弾き大声で歌う。
 僕の住むアパートの建物は中央部が吹き抜けになっていて、その吹き抜けに面するキッチン部分で楽器を演奏したり、歌ったりすると非常に響く。この煩い奴らは何故かしらキッチンで楽器を演奏したり歌ったりする。音が響くから気持ちが良いのか?
 何故、文句ばかりいう他の住人が我慢するのか分らない。うちの隣の住人などは、うちの犬が糞をアパート内のドア近くでし、1分以内にふき取ったにも関わらず臭いと管理人に文句の電話をかけたようだ。文句を受けた管理人が慌ててやってきた。しかし管理人が来たときには、ふき取っていた後だったから臭いも消え、すごすごと管理人は帰っていった。
 これほど文句たれのブラジル人が、この迷惑な住人に文句を言わないのが不思議でたまらない。何度、僕自身が文句をいおうとしたか分らない。ところが、僕のアパートのインターフォンは壊れていて、管理人にうるさいことを伝えられない。うちは22階だから、11階までおりて行って、煩いことをつたえなければならない。キッチン以外の部屋に行けば我慢できる程度であるから今まで我慢していた。さらにうちの犬が吠えていつ迷惑をかけるかもしれない。そう思っていままで我慢してきた。
 しかし、この煩い住人は煩くする時間は減ったものの、夜中や早朝にうるさくする。居間や寝室で歌ったりすれば良いのにキッチンでするのを止めない。そろそろ我慢ができなくなってきた。文句を言おうかと思っている。 

DSC_8227.jpg
キッチン側の吹き抜け


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.