移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     今日のブラジル 写真日記 (Photog...  (最終更新日 : 2019/06/16)
2・9 久々の若犬たちの散歩

2・9 久々の若犬たちの散歩 (2019/02/08)  久々に息子にやった犬たちを散歩につれて行く。
週に、2,3度散歩に連れていっているそうであるが、オス犬の姿を久しぶりに見て驚いた。太って首が無くなっているのである。ど~ん、と胸にきた。悲しかった。犬好きの息子の事であるから世話はきちんとしていたと思う。去勢したので、ホルモンのバランスが狂い太ったのだろう。太っているせいか、呼吸もときおり苦しそうな咳をする。と言う訳で彼が散歩に行かない日は僕が連れて行くことにしたのだ。
息子がいうには、とにかく他の犬が嫌いらしい。力も強いので気をつけなければならないとのことであった。ジジババ犬の散歩とは比較にならないほど大変なようだ。
以前うちにいる時に散歩に連れていった。そのときには何度も犬に身体を持っていかれ、見かねた通行人が手伝おうかと言ってくれたほどである。55キロほどの体重では軽くひきずられるのだ。それだけに犬の扱いが脅威であったが、今回は健康体になって、体重も増え、力も増し、うまく犬の動きを操縦することができた。犬も以前に比べ、成犬になったせいか大人しくなってなっていた。思ったほど苦労することもなく終えることができた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.