移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     フェルナンド山本の「夜な夜な日記」  (最終更新日 : 2013/01/21)
驚き、桃の木、カフェミレニアム

驚き、桃の木、カフェミレニアム (2006/06/29)  数年前にでき、ここ最近人気の「カフェミレニアム」というボアッチ(ナイトクラブ)に行く。まず、100レアル(5000円)という入場料の高さに驚く。そしてサロンに入って女も男も多いのに驚く。テーブルが一杯で座るところがないのである。よくもまあこんなに高いところにお客が来るものである。僕にはやはりリーズナブルなネストロペスターナあたりがあっているようである。
 女性の半分はビキニにハイヒールという姿で、そして後の半分も、胸を大きくはだけた服や、お尻の3分の1ほどが見えるような超ミニスカートで男たちを悩殺する。本当にムムムのひたすら興奮の世界なのである。
 隣に座った女性は韓国系のメスチッサ(混血女性)。胸は大きいのだが、目が少し落ち込み、ちょっと口がとがった感じで、とにかく細い。僕の好みにはかけ離れている。せっかくこんなに美人がたくさんいるのに、何で僕のところにはこないのか・・・。気の弱い僕は向こうに行ってともいえない。キョロキョロとあたりの女を見ていると、彼女は目ざとく見つけ「私のこと好きじゃないんでしょう!」「いやそんなことは・・・・」と口ごもっているとプイと行ってしまった。
 良かった良かった。
 この道5年にもかかわらず、未だに上手な女のあしらい方が解らない。夜の世界は奥が深いのである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.