移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     フェルナンド山本の「夜な夜な日記」  (最終更新日 : 2013/01/21)
夜話その1 必殺、金玉挿入落とし

夜話その1 必殺、金玉挿入落とし (2006/07/08)  パウリーニョは僕の数少ないブラジル人の友人で両刀使いの噂のある奴である。その彼が、最近病院で手術をしたとの話を聞いた。 どうして手術をしたのか不思議に思っていたのだが、久しぶりにパウリーニョを紹介してくれた友達にあって真相を知った。
 どうやら彼は片方の金玉が腐って除去の手術をしたらしいのだ。どうして金玉が腐ったのか?? 不思議に思っていると、「実は、彼は恋人の彼とセックスをするときに、ペニスを肛門に入れると同時に金玉まで入れてしまうという荒技をしていたらしいのですよ。交わっているときに、急激にしめられたのか、金玉の神経を切られてしまったのですね。パウリーニョは痛みを感じてたらしいのですが、大したことないと思って病院にいかなかったらしいんですよ。それで手遅れになって腐ってしまったのが真相のようですね」
「金玉挿入??? 凄いね~」
 今は新しい女性の恋人ができて、おかしくないようにシリコンの玉を片方に入れているそうである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.