移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     フェルナンド山本の「夜な夜な日記」  (最終更新日 : 2013/01/21)
夜話その2 ブラジレーラが、セックスが強い訳

夜話その2 ブラジレーラが、セックスが強い訳 (2006/10/09)  あるセックス大好きブラジレーラと話しているとマスターベーションの話になった。
 最近彼女は恋人と別れたばかりであった。ささいなことから男が焼きもちをやき、顔にあざができるほど殴られたことが原因である。彼女はすぐに女性警察(夫の暴力などに対応する女性専用の警察)に電話をかけ、男は即逮捕となったが、結局彼女は訴えずに男は釈放になった。彼の仕返しが怖くて、それっきり会ってないというが、彼は黒人でセックスが凄かったらしい。
「あんだけ好きだったセックスをしなくて良く耐えられるね」
「う~ん、私だけのチンチンがあるから」
「えっ????」
「セックスショップで買ったの。娘が寝静まった頃を見計らって、セックスビデオをみながら、やるの。最高よ! 使ったあとはきれいに洗って、油まで使って磨いて、大切に保管してあるわ」と言って彼女は、周囲を見回すと股を広げて挿入しているふりをした。
「でも、セックスショップで買ったりするの恥ずかしくなかった?」
「全然。
 私だけでなく、みんな使っているわ。私のは、イルカがついた15センチほどのものだけど、友達は馬なみの大きなものを使っているわ」
「ぎょえっ、それは・・・・」
「この間、他の友達の誕生日にみんなでお金を出し合ってプレゼントしたら凄く彼女は喜んでいたわ」
 道理でブラジレーラはセックスが強いわけである。納得。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.