移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     フェルナンド山本の「夜な夜な日記」  (最終更新日 : 2013/01/21)
夜話その27 大人買い

夜話その27 大人買い (2012/01/16) 夜の町に出動前に、行き着けのバールでちびちびセルベージャを飲んでいると、顔見知りの背の高い白人女性がやってきた。南伯出身のなかなか性格のいい女性で自称21歳である。ポコンと出たお腹や、脂肪が乗った太い足、弛んだお尻を見ているととてもその年齢には見えない。彼女はマッサージで働いており、ときどきアルバイトで夜の町にも姿を見せる。
「今日はどうしたの?」
「ちょっと、アルバイト。今月は苦しいから」
「・・・・・」
「あっ、そういえば、変な日本人と出たの!」
 こんな調子で彼女の話は始まった。とにかく話好きで良く話す。無口な女性よりはこんな女性の方が僕は好きだ。
「それがね、7時間ぶっつづけでいた日本人がいたの。最初は私だけだったんだけど、もう一人のアミーガも呼んでね。私と彼女ととっかえひっかえでやるの。何度も服を着せてまた脱がしたり、日本人って本当に変ね! ああいうのを変態っていうのかしら。ほとんどポルトガル語も話せないのに、カタコトの言葉と身振り手振りでああしろ、こうしろって、うるさいのよね。立たなくなると、持ち込んだノートブックでポルノビデオを見て、なんとか立たせてまたやるのよね。それで、なんだかんだ言って3回は放出したかしら」話を聞いていて、同じ日本人として少し恥ずかしくなってきた
「へえ~、そいつ何歳くらいだったの?」
「う~ん、30歳くらいかしら??」
むむむむ、何て日本人なのだ。よっぽど日本でストレスをためてきたのだろう。1時間140レアル(約7000円)だから7時間居座って約5万円と途中からもう一人増やしているから計7万1千円。こういうのを大人買い!というのだろうか。こいう日本人が多いと日本人=変態=いいお客と思われて、同胞としては妙にやりづらくなる。 変ところで日本人だとは言ってもらいたくないものである


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.