移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     リベルダーデの記録  (最終更新日 : 2009/09/21)
ガルボンブエノ通り [画像を表示]

ガルボンブエノ通り (2009/02/18)
DSC_0067.jpg
2007年撮影 まだ看板が撤去されていない


 リベルダーデのメイン通り、ガルボンブエノ通りは日本人の行き交いが多く、歩くと必ず、数人の知人に出会う。多分、ブラジルで一番たくさんの日本人が歩く通りではないだろうか。僕は知人に挨拶するのが億劫なので、できるだけ速足で、出会っても気がつかないふりをして通り過ぎる。
 数年前から中国人が怒涛のごとく増え、街を歩いているといたるところから中国語が聞こえてくる。日本人は出稼ぎや別の街に移り、減る一方で、このまま行ったら中国人街になるのも時間の問題だろう。去年あたりから、サンパウロをきれいにしようという条例で看板の撤去が徹底され、リベルダーデからも日本語の看板が消え、ますます日本人街という感じが薄れてきた。残念なことだが、これが時の流れなのだろう。
 そんなリベルダーデだが、長期旅行から帰ってきてガルボンブエノ通りを歩くと、なんとなくほっとする。リベルダーデは日本人にとってオアシスみたいな存在なのだ。


上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.