移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
南米漂流
     リベルダーデの記録  (最終更新日 : 2009/09/21)
スズラン灯 [全画像を表示]

スズラン灯 (2009/05/06)
IMG_0044.jpg


 僕が最初にリベルダーデに来たとき、ぼんやり街を照らし出すスズラン灯とアルコール車の甘臭い排ガスの匂いが印象的だった。
 このスズラン灯は1973年に設置され、メイン通りのガルボンブエノ通りを中心に、グロリア、エスツダンテ、バロン・デ・イグアッペ通りなどに計430本あるそうだ。2008年の移民100年に改修が始められ、ほんのりと赤く輝くナトリウム灯から、青白く輝くナトリム灯に少しずつ交換されている。どちらかというとぼんやりと赤い方が日本への郷愁を思い出させるようで僕は好きだが、青白い電灯もよりスズランらしくて悪くはない。
 今となっては、スズラン灯のある町並みにすっかり慣れてしまったが、初めてくるブラジル人には随分異質に見えるようである。どんなに街が変わろうとも、日本人が少なくなろうとも、日本人の街のシンボルとしてずっと残していきたいモノのひとつである。

ri.jpg
水銀灯のスズラン灯。ちょっと寂しげである
,
ri1.jpg
ナトリウム灯のスズラン灯。暖かな感じがする。なくなると思うとちょっと寂しい


前のページへ / 上へ / 次のページへ

楮佐古晶章 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 楮佐古晶章. All rights reserved.