移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
青木カナ・ド・ブラジル
     サンパウロ日記  (最終更新日 : 2013/04/03)
時は金なり、命も金なり!?

時は金なり、命も金なり!? (2005/07/21) 命の値段、考えます。日本のように保険制度もなにもあったものではないブラジルです。日本のように生きてゆくのに整った環境というのも海外に出ると珍しいものかもしれません。最近、健康保険に加入しようと真面目に考え出しました。知り合いの保険屋ケンちゃんから「ここで病気をすると家一軒分の治療費がかかるよ。」と驚かされたばかり。でも脅かしでもなんでもなく、これは事実なんです。では貧乏な人はどうなるかというと、国立の病院がありまして無料です。今まで行った限りでは別に問題はありませんでしたが、もし入院となるとベットは足らないでしょうし、医者も足らない、待ち時間が長い。へたすると殺されてしまうかもしれません。かかった医者次第という所でしょうか。何をどうすると正常に機能するか分からないブラジルです。高い保険をかけても、検診してくれた医者がヤブで、亡くなってしまった人がいると聞いたばかりです。当たるも当たらぬも、こればかりは神のみぞ知るといったブラジルの保険制度のようですが、安心を買うのも必要になってきた今日この頃。守りの体制になっている自分に驚かされます。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

青木カナ :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 青木カナ. All rights reserved.