移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
青木カナ・ド・ブラジル
     サンパウロ日記  (最終更新日 : 2013/04/03)
雨のサンパウロ

雨のサンパウロ (2006/01/03)
02chuva.jpg

大晦日のカウントダウン直前から降り出した雨、雨、また雨。
2006年元旦には少し曇り空で晴れるかと思いきや、雨が降り続く。
今は1月3日の午前3時過ぎ。雷がゴロゴロと勢いよく鳴り響き、雨も勢いを増す。
朝までに洪水になる所があるだろう。と思ったら、いきなり雨がやんで雷が遠くへ行った。
よしよし、はやく晴れてね。布団を干したいから。
、、、、、と思ったらまた雷が近づいてきて、また雨の勢いが、、、。
ここ3年、雨の日が多くなった。スコールは夏は毎日あったけれど、こんなに雨ばかりの日が続くのは、
ちょっと今までと違う。不安。

こちらのあるテレビ番組で、北東部の人が異常気象についてのインタビューに答えていた。
「地球がなくなるんじゃなくて歴史は続いて、私たち人間がいなくなる時がくるんだよ。」
もっともなような答えだけど、信じたくない。
よし、もう寝てしまおう。おやすみなさい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

青木カナ :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 青木カナ. All rights reserved.