移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
青木カナ・ド・ブラジル
     ブラジル旅行記  (最終更新日 : 2007/12/18)
オリンダ その2

オリンダ その2 (2005/06/19)
carnaval-3.jpg

ドンドコドコドコとお腹に響く音が遠くからしてきたのでその場所へ駆け寄った。カーニバルが始まる2日前ぐらいの事だった。大好きな大太鼓、マラカトゥの集団がいた。どうやら本番直前の練習らしい。広場で男女15人~20人ぐらいはいたと思うが、音のすごさに体が固まった。昔から祭り太鼓が大好きで、神社の盆踊りにゆかたを着てよく踊りにいったのを思い出した。とてもワクワクする。初めて見る本場のマラカトゥはCDで聞いていたものよりはるかに素晴らしかった。
思わずオリンダの町に移り住んでマラカトゥの集団に入って残りの一生を送ろうかと本気で考えた程だ。それほどのめり込みやすいリズムは聞いていて飽きる事がない。
音楽は私にとって宗教みたいなもの。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

青木カナ :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 青木カナ. All rights reserved.