移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
マツモトコージ苑
     付録(徒歩的風景録)  (最終更新日 : 2014/01/06)
1枚の写真(06年4月22日) [画像を表示]

1枚の写真(06年4月22日) (2006/04/27)
1枚の写真.jpg
 今年3月に米寿を迎えた、グアルーリョス在住の宮内豊馬さんの家を友人とともに訪問した。マグロや「ペスカーダ」という名前の海魚の刺身をたんまり御馳走になりながら、昔話を聞かせてもらった。
 この写真は1940年、サンパウロ州パラグアスー・パウリスタでの綿の収穫後に撮ってもらったものだという。宮内さんは当時、22歳。セピア色になった1枚の写真の中に、凛々しい姿が写し出されている。
 宮内さんいわく、「もう誰もこんな写真も見んし、焼いてしまおうかと思っていた」と。「イヤイヤ、こういう大切な写真は、残さんとあきませんよ」と説得する我々。しかし、サンパウロの史料館に預けても、下手すれば2度と陽の目を浴びることがないかもしれないし、とりあえず、手持ちのカメラにおさめた。
 貴重な写真はこうして、どんどん無くなっていく訳だが、こういう写真展をどこかで開催できないものか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

松本浩治 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 松本浩治. All rights reserved.