移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
マツモトコージ苑
     付録(徒歩的風景録)  (最終更新日 : 2014/01/06)
徒歩徒歩(06年4月24日) [画像を表示]

徒歩徒歩(06年4月24日) (2006/04/28)
徒歩徒歩.jpg
 ブラジルでは数少なくなった白黒写真用の印画紙が、ピニェイロス区で販売されているという情報を得て、午後から地下鉄とバスを乗り継いで勇んで飛んでいった。が、輸入モノ(ブラジル国産品はありません)の写真用品はサントス港のストにより、商品が保留状態。いつ品物が入るかは分からないという。
 「トホホ」状態でトボトボと帰り道のレボーサス大通りを歩くが、何と直線距離の長いことか。店舗入口に記されてある住所番号の桁数が多いことからも、その長さが分かる。
 バスに乗っても良かったが、リベルダーデまで約1時間半かけて歩いて帰ったら、普段は見逃していた風景に出会えたことが嬉しかった。
 リベルダーデ区の薬局で無料体重計に乗ったら、3キロ痩せていた。まあ、メシ食ったらすぐに元に戻りましたけど。
 やっぱり、人間は歩かなあきまへんな。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

松本浩治 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 松本浩治. All rights reserved.