移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
マツモトコージ苑
     付録(徒歩的風景録)  (最終更新日 : 2014/01/06)
警戒態勢(06年5月15日) [画像を表示]

警戒態勢(06年5月15日) (2006/05/15)
警戒態勢.jpg
 12日夜から犯罪組織による警察署襲撃事件が、サンパウロ各地で発生。ブラジルのマスコミの報道はもちろん、日本のニュースにも流れた。
 「まあ局部的なモンやろう」と気楽に考えていたら、この日の夕方になって犯罪組織か便乗犯かは知らないが、リベルダーデ地区の警察も襲撃されたという噂が飛び交い、いつもは年中無休の中国系商店まで午後4時にはシャッターを閉めるなど、騒ぎが大きくなってきた。
 リベルダーデ広場には、ショットガンを手にした軍警察隊員が増員されて警備にあたり、緊張した面持ちを隠さず何やら不穏な雰囲気に。
 そのうちに地下鉄やバスの運行も制限されだし、夕方には新聞社の人間もアレヨアレヨという間にドンドコ帰宅。リベルダーデ各店のシャッターが閉まった状況をカメラに収めて、こちらも「今日はもう店じまい」とばかりにトットと帰ってきたのでした。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

松本浩治 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 松本浩治. All rights reserved.