移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
マツモトコージ苑
     付録(徒歩的風景録)  (最終更新日 : 2014/01/06)
笠戸丸30年記念碑(06年5月26日) [画像を表示]

笠戸丸30年記念碑(06年5月26日) (2006/05/31)
笠戸丸30年記念碑.jpg
 最近、肝臓がヘタったり(弱ったり)肩が痛いなど、明らかにオッサン的症状が表面化し、病院通いの情けない日々。仕方なく、医療保険に入っているSC病院に行くと、正面玄関近くに「笠戸丸30年記念碑」が目に入った。
 「笠戸丸」は、日本移民が1908年にブラジルに渡った時の最初の移民船とされており、記念碑にはその当時の移民の名前がビッシリと書かれている。
 記念碑の反対側には島崎藤村の詩が刻まれており、数年前には藤村会と新聞社編集主幹との間で、どちらが表か裏かで言い争った経緯もあったが、今や双方の当事者とも亡くなった。
 2年後の2008年には日本移民100周年を迎えるが、「ツワモノどもの夢の跡」で終らなければ良いが。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

松本浩治 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 松本浩治. All rights reserved.