移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
紺谷君の伯剌西爾ぶらぶら
     「ハルとナツ」エキストラ出演記  (最終更新日 : 2004/07/17)
1 オーディション [画像を表示]

1 オーディション (2004/06/06)  2005年・秋に放送されるNHKドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」のブラジル・ロケにエキストラとして出演することになった。
ex01.jpg
オーデションの様子

 このドラマはNHK80周年を記念する大型ドラマで、脚本はあの「おしん」の橋田寿賀子先生、出演者は森光子、野際陽子、米倉涼子、仲間由紀恵という豪華キャスト。1回75分で全5回放送される。ブラジル・ロケだけでも60人のスタッフ、20人の役者を日本から連れてきた上、現地でのエキストラのべ800人、約2カ月間ブラジル各地で撮影を行うという大型スケール。時間的にも資金的にも、民放ではとても真似できない番組である。
 さて、4月24日にカンピーナス市で、25日にサンパウロ市で、日系エキストラの参加登録が行われた。
「老移民の話や書籍でしか知らない当時のことを、視覚で実感したい」
 僕の口実である。本音は「暇だから」、それに「好奇心」から登録日に出かけた。
登録手続きは簡単であった。氏名、住所などを記入して、「いつでも参加できる」「週末なら参加できる」といった項目をチェック。さらに、身長・体重などを量り、全身写真を撮っただけである。15分ほどで済んだ。
 この登録、フタを開けてみれば、カンピーナス200人、サンパウロで800人の参加希望者が来たという。そして、登録者の6~7割は女性。男性は、ただでさえ少ないうえ、30代・40代の働き盛りの男性登録者は殆どいなかったという。さらに「いつでも参加できる」と登録カードに記入した壮年男性は、僕を含めて数名だったようだ。まあ、当然といえば当然なのだが……。
 中には勘違いして着飾ってきた女優志望の女性や、登録日を過ぎた後に、無理やり押しかけてきて「私も出演させなさい」とゴリ押ししていたオバサンもいたようだ。
 まあ、ともかく連絡を待つことにしよう。


上へ / 次のページへ

© Copyright 2019 紺谷充彦. All rights reserved.