移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
マツモトコージ写真館
     総天然色  (最終更新日 : 2011/01/25)
ノーバ・イグアスーの朝焼け [画像を表示]

ノーバ・イグアスーの朝焼け (2006/04/11)
ノーバ・イグアスーの朝焼け.jpg
 「白黒の場合には、ラボでの現像処理や紙焼きなど常に写真とのコンタクトがある」とのセバスチャン・サルガド氏の考え方に共鳴し、個人用の写真としてはこれまで、あえてモノクロ・フィルムで意識的に撮ってきた。
 しかし、カメラもデジタル化が進み、ブラジル国内でモノクロ・ペーパーが手に入りにくくなってきた現状の中、今後はモノクロ写真とともに、カラー(総天然色)写真のアップも実現化していくことにした。
 記念すべき最初の写真は、リオ州ノーバ・イグアスーの朝焼けの風景。電車駅前にあるチングア行きバス停留所で待っていた際、東方面から少しずつ明るくなってくるのが気になっていたが、うろこ状の雲に赤味がさしたところを取材用のデジカメで撮影。
 手前の露店では、裸電球の下で若い男女が何やら話しこむ姿が見えた。(2006年3月29日撮影)


上へ / 次のページへ

松本浩治 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 松本浩治. All rights reserved.