移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
伯国東京農大会
     ブラジルの農大生  (最終更新日 : 2009/12/21)
「山本喜誉司賞」農大生歴代受賞者

「山本喜誉司賞」農大生歴代受賞者 (2009/12/21)  あらゆる農業分野で特別な働きをした人に贈られる「山本喜誉司賞」。伯国農大会からは、これまで3名の校友が受賞しております。


◎第29回 坂口 陞(さかぐち のぼる)林学56年卒
(1933~2007)和歌山県出身。
 <功 績>アマゾントメアスー植民地をカカオ・プランテーションの地として、カカオ導入計画を推進し実践した。熱帯での土壌保持の難解さを、樹木作物栽培によって解決出来ることを実践し、森林農業、樹木作物農業を提唱してきた。
 
◎第30回 荒木 克弥(あらき かつや)拓植61年卒
 山形県出身。サンパウロ州アルジャー市在住。
 <功 績>ブラジルに移住後40年間にわたり、花卉生産活動に励み、外国よりの新種導入、花卉生産に関する新技術の確立、花卉生産者の組織づくり、海外との技術交流等、ブラジル花卉産業発展に大きく貢献した。

◎第37回 山中 正二(やまなか しょうじ)林学60年卒 
 岩手県出身。パラー州ベレン市在住。
 <功 績>1962年JAMIC第二トメアスー事務所へ勤務以来今日まで地域の発展に尽くす。熱帯地域の環境に配慮した農業経営を確立し、その指導にあたった。又、後継者育成に努め、内外から広く研修生を受け入れている。

(「山本喜誉司賞の歩み」より一部抜粋)


前のページへ / 上へ

社団法人伯国東京農大会 :  
Rua Dona Cesaria Fagundes, 235, Saúde, São Paulo, Cep:04054-030, São Paulo, Brasil
Tel: 55-11-2275-0534, Fax: 55-11-5594-5590, E-mail: Click here
© Copyright 2019 社団法人伯国東京農大会. All rights reserved.