移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     自主制作作品紹介  (最終更新日 : 2017/03/18)
赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み

赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み (2004/09/13) HUMANITAS
25 anos de atividades
Companheiros da Terra Roxa

2002年初版制作・2003年改訂版制作/66分(改定版)
2005年ポルトガル語版制作
2006年日本語・ポルトガル語バイリンガル版制作
制作・構成・撮影・編集・報告:岡村 淳

赤い大地の仲間たち.jpg
撮影:楮佐古 晶章

「とんでもないことを始めてしまった」。
ブラジル奥地のハンセン病患者の隠れ里に迷い込んでしまった若き日本人神父・佐々木治夫さん。佐々木神父は何の知識も資金もないまま、彼らのための診療所作りを始めた。そして25年――
「フマニタス(人類愛)慈善協会」はハンセン病の診療センターに始まり、ストリート・チルドレンの更正・授産施設や、土地なし農民たちの支援にまで活動を広げている。
ブラジル奥地にも及ぶグローバリゼーションの荒波は、新たな貧困と差別を生み出し続け、フマニタスの闘いは尽きることがない。第三世界の社会的弱者と共に生きる日本人神父と修道女たちの愛と闘いの記録。
岡村と親子ほども歳の違う「先輩」・佐々木神父との10年にわたる友情に応じた作品。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.