移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     自主制作作品紹介  (最終更新日 : 2017/03/18)
山川建夫 房総の追憶(三部作) [画像を表示]

山川建夫 房総の追憶(三部作) (2014/04/20)
BOUSOUimage1405x50x50ppdf.jpg
西暦2013年製作
全101分
構成・撮影・編集:岡村淳
出演:山川建夫

マスコミの花形を追われて、30年。
全国放浪のすえに出会った約束の大地。
たいせつに耕してきた農地は、
放射能のホットスポットとなり、
自らの健康を蝕みはじめた。
とどまるべきか、新たに歩むか。

第一部 「万田野に詠む」(14分)
農する語り部・山川建夫。放射能に侵された大地は怒り、叫びをあげようとしている。
山川は自ら耕し続けた大地に向き合い、その声を詩に託して詠み続ける。

第二部 「房総のチベット」(45分)
フジテレビの人気アナウンサーだった山川に、何が起きたのか?放浪の末、房総のチベットと呼ばれる過疎化の進む山村での農業を始めた山川に従わざるをえなかった妻子たちは?

第三部 「田んぼの鏡」(41分)
農薬使用を拒んだ山川は、地元の伝統農家たちからの孤立を余儀なくされた。
ひとりで休耕田の再生を図る山川は、思わぬ啓示をうけることになった。

在外日本人の記録映像作家として、未曾有の原発事故にあえぐ祖国を憂う岡村と、70歳にして新たな旅立ちを決意した山川の、ふたつの魂の共鳴の記録。

山川建夫 on Twitter : yukioyamakawa


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.