移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     自主制作作品紹介  (最終更新日 : 2017/03/18)
移民小説家 松井太郎さんと語る 西暦2011年版 [画像を表示]

移民小説家 松井太郎さんと語る 西暦2011年版 (2015/05/27)
MATSUIOKAMURAfoto20%.jpg
細川周平さん、松井太郎さん、岡村淳。
製作・構成・撮影・編集:岡村淳
取材年:2011年 完成:2015年 54分


西暦2010年、齢九十を超えるブラジル移民が日本語で綴り続けた小説選『うつろ舟』が祖国日本で刊行され、新聞やテレビの文芸欄で脚光を浴びた。

著書の松井太郎さんは19歳の時に両親らと共にブラジルに移住して、百姓生活の傍ら、読書にふけり続けた。
小説好きと望郷の念は積もり積もって、松井さんはついに自ら小説を書くに至る。
凡百の移民文学の群を抜くクオリティの高さ、そしてなにより小説としての面白さは日本からの研究者を驚かせ、日本での出版に奔走させることとなった。
松井文学に傾倒していた岡村は、日本の出版人との橋渡し役を務めることになる。

珠玉の松井文学と著者のお人柄の魅力に迫る対話を、松井文学の「特典映像」としてお届けします


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.