移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     自主制作作品紹介  (最終更新日 : 2017/03/18)
鎌倉の近代美術館の灯を消さないで(短編)

鎌倉の近代美術館の灯を消さないで(短編) (2016/03/07) 西暦2015年製作・14分
構成・撮影・編集 岡村淳


西暦2015年11月3日、文化の日の鎌倉・鶴岡八幡宮。
天候に恵まれ、境内は七五三祝いの参拝客などで賑わっていた。
この神社の境内にある鎌倉近代美術館は「カマキン」の愛称で広く親しまれていたが、「『カマキン』最後の展覧会」と題した展示が行なわれていた。
神奈川県立のこの美術館は日本最初の近代美術館だが、敷地の所有者である鶴岡八幡宮との30年毎の土地貸与契約の更新を機に、県側は2016年1月いっぱいでの廃館を決定していた。
カマキンの存続を願ってやまない在鎌倉の主婦、藤本美津子さんはこの日、美術館の前で思い切ったパフォーマンスを実行する決意をした。
大きな荷物を背負った藤本さんが次々に取り出したものは・・・!?
藤本さんの必死の訴えのなか、美術館の訪問者たち、そして美術館側の予想外のリアクションがあった。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.