移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     自主制作作品紹介  (最終更新日 : 2018/08/12)
五月の狂詩曲 2016

五月の狂詩曲 2016 (2018/05/05) 完成:西暦2017年 164分
製作:藤崎和喜 岡村淳
構成・撮影・編集:岡村淳


西暦2015年、市民の育ててきたドキュメンタリー映画祭「メイシネマ上映会」が25周年を迎えた。
その記念の映像の作成を、藤崎和喜代表の依頼で在ブラジルの岡村が引き受けることになった。
近年は5月の連休三日間にわたって催されるのが恒例となったメイシネマ祭は、藤崎代表が熟考したプログラム、そして各作品の監督をはじめとする関係者の生トークが行なわれるのが特徴だ。

この記録を『五月の狂詩曲』と題してまとめて、メイシネマ祭そのものの記録がドキュメンタリー映画のあり方を問い、日本のドキュメンタリー史の鏡であることに気付いた岡村は、翌年もメイシネマ祭の記録を申し出た。

メイシネマ祭2016のプログラムは、以下の通り。
さらに5月2日には前夜祭として『五月の狂詩曲』が上映され、岡村によるトークも森田恵子監督の友情撮影によって収められた。

【メイシネマ祭2016 プログラム】
2016年5月3日 -憲法記念日-
10:30~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬうどうみ)』 監督 三上智恵
13:30~ 『怒る西行』 監督 沖島勲
15:50~ 『真珠のボタン』 監督 パトリシオ・グスマン
17:50~ 『ひとりひとりの戦場』 監督 楠山忠之
2016年5月4日 -みどりの日-
10:30~ 『沖縄うりずんの雨』 監督 ジャン・ユンカーマン
13:50~ 『袴田巌 夢の間の世の中』 監督 金聖雄
16:30~ 『土徳流離~奥州相馬復興の悲願 前篇』 監督 青原さとし
18:30~ 『土徳流離~後篇 無量の時のあなたたちへ』 監督 青原さとし
2016年5月5日 -こどもの日-
10:30~ 『久高オデッセイ 風章』 監督 大重潤一郎
12:50~ 『放射能を浴びたX年後2』 監督 伊藤英朗
14:50~ 『ゆめのほとり-認知症グループホーム福寿荘』 監督 伊勢真一
17:00~ 『無音の叫び声』 監督 原村政樹


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.