移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     テレビ放送作品紹介  (最終更新日 : 2006/05/10)
農地をわが手に ブラジル・土地なし農民たちの戦い

農地をわが手に ブラジル・土地なし農民たちの戦い (2006/05/10) 放送年:1999年
放送局:NHK教育
番組名:ETV特集(45分番組)
取材・撮影:岡村淳
プロデューサー:橋本裕次 協力:アジアプレス・インターナショナル


ブラジル奥地で農地改革を求めて闘う人たちを、3年間にわたって取材した。
植民地時代からの弊害が残るブラジルでは、一握りの権力者が膨大な土地を所有し続けている。
農地改革を政府と世論に訴えるため、土地なし農民と呼ばれる人たちが団結してMST(土地なし農民運動)という団体を作り、各地で実力行動を開始した。
パラナ州のカショエイラ農場では、地主が不正に所有しながら放置している土地を、土地なし農民のグループが実力で占拠を試みた。
地主側は武装した用心棒を雇い、土地なし農民たちに火を放った。
さらに軍事警察が地主側について土地なし農民たちの放逐にかかった。
故郷の農地改革に掛けるミゲール・イシドロさんたちの命がけの闘いが続く。
同じパラナ州の星農場は、こうした闘いを経て、土地なし農民たちが当局から合法的に勝ち取った共同農場だ。
星農場では日本人移民の石丸春次さんが農民たちの指導にあたっている。
石丸さんのアイデアによるスイカ栽培が成功したものの、仲間割れなどのトラブルが絶えなかった。
石丸さんは零細農民が生産者としての誇りを持てる農業を実現するため、同志たちと星農場を去って新たな農場作りの旅に出た。


前のページへ / 上へ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.