移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     上映会・イベント実施のお知らせ  (最終更新日 : 2020/02/05)
『シリーズ 富山妙子素描』を広島上映決定!(1月31日) [画像を表示]

『シリーズ 富山妙子素描』を広島上映決定!(1月31日) (2020/01/29)
広島2001画像.jpg
広島の岡村シンパ、ラテン系の方々のご要望をいただき、画家の富山妙子さんのシリーズほかの上映が決定しました。
日時:西暦2020年1月31日(金)18時スタート
会場:テアトロ・カフェ・アビエルト(広島市安佐南区八木、JR可部線上八木駅至近)
http://cafe-teatro-abierto.com/?fbclid=IwAR3HYdo28TFqjvDhXzmZ-JGN-u-x2-IcwVipuiGki6H5mHJ1nxbK1n7YDhg

岡村淳監督作品上映会「時空をかける少女 富山妙子を撮る」
<岡村淳>
1958年生。1982年からTV番組のディレクターとして数々のドキュメンタリーを制作。1987年にフリーとなってブラジルに渡り、南米の日系移民や環境問題に関するドキュメンタリーを多数自主制作してきた。著書に『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』(「港の人」刊、日本図書館協会推薦)がある。
その岡村監督が、2019年で98歳を迎えた孤高の画家・富山妙子に寄り添いながらカメラを回した最新作「シリーズ 富山妙子」4作品を一挙上映します。
さらに1999年制作の「農地をわが手に ブラジル・土地なし農民たちの戦い」を同時上映。
両作品とも上映後に監督の作品解説つきです。
上映終了後は、そのまま会場で監督を囲んで懇親会を開きます。軽食をつまみながら面白い経験満載の岡村監督のお話を存分にお聞きしたいと思います。
上映鑑賞、及び懇親会参加費は、それぞれカンパ制となっておりますので、よろしくお願いいたします。
<PROGRAM>
第1部
18:00「農地をわが手に ブラジル・土地なし農民たちの戦い」(1999/45min.)
    上映後、監督による解説
第2部
19:00「狐とリハビリ/シリーズ 富山妙子素描 序章」(2018/18min.)
   「光州事件発掘・三部作/シリーズ 富山妙子素描」(2019/38min.)
   「富山妙子 韓国のスケッチ」(2019/6min.)
   「ラテンアメリカとの出会い/シリーズ 富山妙子素描」(2019/51min.)
    上映後、監督による解説
    終了後、会場にて懇親会


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.