移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     岡村淳の著作・ 関連図書  (最終更新日 : 2018/06/14)
オカムラ ファイナルウオーズ(西暦2018年メイシネマ祭『リオ フクシマ 2』公開記念書き下ろし)

オカムラ ファイナルウオーズ(西暦2018年メイシネマ祭『リオ フクシマ 2』公開記念書き下ろし) (2018/06/14) 西暦2018年のメイシネマ祭にて、わが最新作『リオ フクシマ 2』を上映していただいたことを記念して上映時に配布するために書き下ろした資料です。

  オカムラ ファイナルウオーズ
   西暦2018年メイシネマ祭『リオ フクシマ 2』公開によせて
                  岡村 淳(記録映像作家、在ブラジル)


拙作『リオ フクシマ 2』は日本映像記録センター入社から36年、フリーとなってブラジルに移住してから31年目を迎える私の集大成でもあります。この作品に登場する人物や言及される事象は、私のこれまでのテレビ放送および自主制作の取材作品で関わってきたものが少なくありません。以下、主な関連作品をご紹介します。
○日本の原子力政策・電力政策
『常夏から北の国へ 青森・六ヶ所村のブラジル日系花嫁』「フリーゾーン2000」(1994年放送)
ブラジルから核処理施設のある青森県六ヶ所村の酪農家に嫁いだ日系女性たちの心中を探る。
『神がかりの里 山口県嘉年村物語』「フリーゾーン2000」(1993年放送)
中国電力が強引に高圧送電線建設を図る山村で、地元の民俗と景観を守る闘いが始まった。
○ブラジルの土地なし農民運動
『農地をわが手に ブラジル・土地なし農民たちの闘い』「ETV特集」(1999年放送)
農地改革を求めて命がけの活動を続けるブラジル奥地の零細農民たちの闘いに寄りそう。
『赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み』(2003年初版製作)
ハンセン病患者や土地なし農民らとともに歩む日本人のカトリック神父らの歩みを紹介する。
○アマゾン河の水銀汚染
『アマゾン新水俣病 水銀汚染と闘う医師』「フリーゾーン2000」(1992年放送)
アマゾン河流域での砂金採掘に用いられる水銀中毒を告発するブラジル人医師の現地調査に同行する。
○インドの科学者、環境活動家 ヴァンダナ・シヴァさん
『緑の砂漠か緑の再生か ブラジルのユーカリ植林と日本』「フリーゾーン2000」(1994年放送)
ブラジルの内陸部で紙パルプの原料として日本の製紙会社が合同で大規模なユーカリ植林を始めたが…
○ブラジルのストリートチルドレン問題
『あもーる あもれいら』三部作(2007年−2012年製作)
ブラジル奥地の貧困家庭の児童が通う保育園を一年にわたって見つめる。
○ブラジルの中高生たち
『きみらのゆめに / AOS SONHOS SEUS』(2012年製作)
サンパウロ市内の私立学校を卒業する生徒たちそれぞれの夢を聞く。
○ブラジルの大西洋海岸深林
『花を求めて60年 ブラジルに渡った植物学者』「ビデオ・アイ」(1996年放送)
未知の植物を求めてブラジルへ移住した植物学者・橋本梧郎先生の歩みを紹介する。
『四万十川からブラジルへ ナゾの巨大トンボを発見!』「フリーゾーン2000」(1995年放送)
リオデジャネイロの森林に潜む世界最大のトンボの捕獲に挑むフィールドワークに同行。


前のページへ / 上へ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.