移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2016年の日記  (最終更新日 : 2017/01/01)
11月5日(土)の記 マッタアトランチカに消ゆ

11月5日(土)の記 マッタアトランチカに消ゆ (2016/11/08) マッタアトランチカに消ゆ
ブラジルにて


長時間の運転で疲れ切っているのだが、旅先で想像以上の成果が上がった。
昨日の幸運と努力のおかげで一日早く家に戻ることがかない、得した気分。

未明にこちらで買ったばかりのDVDを観ることに。
バンカ(新聞・雑誌販売のスタンド)でひとつ5コント(邦貨にして150円強、ちなみにコントはブラジルで古い人の使う通貨の単位表現)という安売り。
値段から、あまり期待しないでいる。

タイトルは『DESAPARECIDOS』、『失踪者たち』といったところか。
サンパウロ州の大西洋岸に浮かぶリゾート地イーリャ・ベラ(「美しい島、の意)でのパーティに招かれた若者たちが、夜の亜熱帯林で次々と消えていく、というお話。
それぞれの持っていた動画記録装置の映像をつなぎ合わせた、という近年ありがちな手法。

うーん、設定は悪くないのだが。
いまひとつふたつ深みに欠ける、といった感。

それにしてもポルトガル語の字幕を出せるのはありがたい。
音声では僕にはなかなか聞き取れないのだ。

日中は気ままな読書。

夕方から、息子と鶏の唐揚げづくり。
二人だと、はかどる。
ブラジル国産ウオッカのシトラスジュース割りをすすりながら。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.