移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2016年の日記  (最終更新日 : 2017/01/01)
12月2日(金)の記 はるかなるセン・アスーカル

12月2日(金)の記 はるかなるセン・アスーカル (2016/12/04) はるかなるセン・アスーカル
ブラジルにて


ブラジルに滞在していた記録映画監督の松林陽樹さんの出国が近づいた。
昼、松林さんらと会食。
プラサ・ダ・アルヴォレのノルデスチ料理を、凝固点まで冷やされたセルヴェージャ(ビール)でいただく。

食後のカフェを兼ねて、ひと駅あるいてラゼール・セガール美術館へ。
目玉の大作『移民船』はリオに貸し出し中か。
ここのカフェでさらに松林さんと盛り上がり、近くでカイピリーニャ(ブラジルのナショナルカクテル) をあおることに。

アラブ系ファーストフードチェーン、HABIB'Sへ。
なんと、各種カイピリーニャが5・90レアイス、邦貨にして180yen足らずというセールス中。
そこいらのバールの半額だ。

砂糖抜き:セン・アスーカルで、と頼んでも2回に一度は砂糖が飽和状態。
二度、砂糖入りがまわってくるほどに杯を重ねてしまう。

さあ、ミッションがひとつ増えそうだが、まずは明日のミッションが。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.