移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2017/03/16)
満員御礼『焼肉と観音』奉納上映@横浜パラダイス会館(4月28日)

満員御礼『焼肉と観音』奉納上映@横浜パラダイス会館(4月28日) (2016/04/29) 西暦1908年4月28日。
第一回ブラジル移民船「笠戸丸」が神戸港を出航。
118年目のこの日に、この作品を横浜で上映することがかない、感無量です。
限定バージョンの「写真紙芝居」も好評を賜り、重ねて感謝です。
以下、事前の告知です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

岡村が10年間の悶々を経て紡ぎあげた最新作『焼肉と観音 その後の「アマゾンの読経」』。
作品の主人公・伊藤修さんの供する炭火焼肉をいただきながらご覧いただきます!
事前予約限定、定員10名です。
当日は前座として岡村の写真紙芝居、ショートバージョンを披露させていただきます。
主催していただくART LAB OVAさんからの告知を以下、添付します。

ブラジル★ナイト
~岡村淳監督上映会とブラジル料理の夕べ
その1<最新作「焼肉と観音 その後の『アマゾンの読経』」と「写真紙芝居」の巻>


*定員10名ほどの小さなスペースです。
必ずメールでご予約お願いします。
artlabova@gmail.com (件名:焼肉と観音予約)
ブラジル炭火焼肉ガウシャのブラジル料理をつまみながらブラジルの映像を観る夕べです。
サンパウロから岡村淳監督が駆けつけ、貴重なドキュメンタリーを上映します。
今回は、なんと、とうとうガウジイのドキュメンタリーができてしまいました!
なぜ焼肉と観音なのか?なぜ大島なのか?
ぜひ、翌日上映の「アマゾンの読経」(5時間)と合わせてご覧ください。
そのほか、岡村監督による「ブラジル写真紙芝居」 も開催します。
今回のお料理はそんなガウジイ自慢の炭火焼肉盛り合わせ。
ライス、サラダも注文できます。
お腹をすかせて来てください。
*未見の方は、ぜひ、翌日上映の「アマゾンの読経」も併せてごらんください。
▼ブラジル★ナイト
~岡村淳監督上映会とブラジル料理の夕べ
その2<5時間超えの大作『アマゾンの読経』の巻>
https://www.facebook.com/events/810529955749691/

・日時 2016年04月28日(木)18:45開場 19:00開始
・料金 1500円(フード&1ドリンク)+上映カンパ
・予約 artlabova★gmail.com(★→@)
    件名「焼肉と観音予約」
・会場 ART LAB OVA横浜パラダイス会館
  (〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3
シネマ・ジャック&ベティ1F‐101横浜パラダイス会館)
【岡村淳監督上映作品】
焼肉と観音 その後の『アマゾンの読経』
西暦2016年/42分 構成・撮影・編集:岡村淳
横浜若葉町の大道で肉を焼く伊藤修さんは、アマゾン帰り、そして漆職人といったいくつものユニークな顔を持っていた。 その伊藤さんが月に一度、伊豆大島に通い始めた。 伊豆大島にある海外日本人開拓者供養の富士見観音堂の整備のためだ。 富士見観音堂を建立した藤川真弘師は、1986年にアマゾン奥地での日本人無縁仏の供養中にナゾの失踪を遂げている。 現在は無住となった富士見観音堂を、未来と若者に開かれた場にしたいというのが伊藤さんの願いだ。 伊藤さんは生前の藤川師に会ったことはないが、藤川師の奇妙な夢に苦しみ始めた…


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.