移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2017/03/16)
大阪釜ヶ崎で『郷愁は夢のなかで』上映しました(10月6日)

大阪釜ヶ崎で『郷愁は夢のなかで』上映しました(10月6日) (2016/10/10) 懐徳堂の伝統を継ぐと言われる公開学習講座「寺子屋アジア」の招待をいただき、大阪釜ヶ崎での『郷愁は夢のなかで』上映と岡村の講演が実現しました。
作品はもとより、参加者の多彩ぶりに主催者一同、喜んでいただき、来年もぜひにとのお声をいただきました。

西佐市さんの渾身のメッセージが釜ヶ崎でよみがえり、感無量でした。
感謝です。

以下は、事前の告知文をご紹介します。

++++++++++++++++++

日本の三大寄場、横浜寿町に続いて大阪釜ヶ崎での岡村作品ライブ上映会が実現することになりました!

第79回 寺子屋アジアのご案内
ブラジル日系社会と在日日本人を考える
-共に生きるために-


講師は東京都目黒区出身で、早稲田大卒業、日本映像記録センター入社、すばらしい世界旅行などの番組ディレクターを担当し、ブラジルを始めとする中南米を主に取材。1987年フリーランスとなり、ブラジルに移住。97年から自主制作によるドキュメンタリーづくりを始める。日本人移民、そして社会、環境問題をテーマとした作品の制作を継続中。作品のDVD 化やレンタルをせずに、上映には制作責任者である岡村の立ち会いを原則とするライブ上映会を行っている。在日日本人社会でも釜ヶ崎は独特の位置を占めている。ここに関わる自らの存在を考えてみたい。

寺子屋アジアは今まで78回学習会を重ねてきました。我が国の難民受け入れの
実情、日本軍「慰安婦」問題、東南アジアからの看護師受け入れ問題等を学習して
きました。講師の話の後、ビール、飲み物、おでんを飲食しながら 討論をします。
準備の都合がありますので、連絡先まで 予約の電話をしてください。9月30日締め切りです。よろしくお願いします。
連絡先 釜ヶ崎医療連   06-6647-8278
    または 橋本 隆 080-6170-1127

日時: 2016年10月6日(木)PM 7時~10時

場所:上映 7時より「ふるさとの家」
   上映後のトーク 「釜ヶ崎医療連」事務所
   (「ふるさとの家」より徒歩5分)

講師:   岡村淳 在ブラジル/ドキュメンタリー監督
『郷愁は夢のなかで』2時間35分上映
参加費: 1000円
(講師謝礼 飲食代を含む。講師遠方より来阪のため少々高めご理解を乞う)

アクセス : JR環状線新今宮駅東口下車南へ徒歩6分、または地下鉄御堂筋線、堺筋線動物園前駅下車⑨番出口すぐです。更生相談所前の赤いテントが目印です。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.