移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2019/11/10)
中目黒で年末緊急みせっこ上映会実施しました (12月29日)

中目黒で年末緊急みせっこ上映会実施しました (12月29日) (2019/01/20) 急きょ実行した昨年末の特別ミッションの訪日。
この期間中は通常の上映は行なわない決心でしたが、訪日当日の夜だけ、地元中目黒での「みせっこ」上映をお受けしました。
お店の常連さん、オカムラ系の方々、西川ディレクターの知人が一堂に会しての一期一会の寄り合いが実現しました。
事前の告知文を以下、ご紹介します。
******************

ブラジルのサンパウロでサマークリスマスを迎えようとしている岡村です。
今月初めに日本の故郷目黒のカフェで偶然、出会ったテレビディレクターと意気投合、お互いの作品の「みせっこ」上映会をそのカフェで実現していただくことになりました。
以下、仕掛人の西川ディレクターからの告知です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上映会やります!もう5日後ですが。
表現の学校presents
映像上映会 misekko
岡村淳監督×西川啓ディレクター
12/29(土) 17時開場 17時半上映開始。
@中目黒 Under the mat (予約は 03-6412-7375かfacebookで)
http://www.underthemat.jp
(映像は研究上映ですが、カンパ+ワンドリンク以上でおねがいします)
ブラジル・アマゾンと東京。そこに生きるさまざまな動物、子ども、女性。今回の上映の裏テーマは「場所と存在」だ。変わりゆく場所は生に何をもたらすのか?
ブラジルに住む映像作家岡村淳とながくNHKに勤めてきた西川啓。ブックカフェUnder the matで先月二人はたまたま出会い、名刺がわりにここで映像のみせっこをしようということになった。映像と対話でつづる3時間。はたしてどうなるか?
17:30〜
①「アマゾンの密林が沈む〜動物二万匹救出」(25分 1988)
アマゾン河に巨大ダムが建設され、島状に残された陸地に取り残されパニックに陥ったニ万匹の動物たち。その救出作戦が始まった。
②岡村監督×西川トーク
18:15〜
③「ウチの隣は超高層ビル〜西新宿少年日記」(45分 1987)
どんどん超高層ビルがたっていく西新宿で、ビルを遊び場にする少年や少女の人間模様を描いたドキュメンタリー。
④ 岡村監督×西川トーク
19:30〜
⑤「60年目の東京物語 ブラジル移民女性の里帰り」(36分 1996)
20歳の時ブラジルに移民し60年ぶりに故郷東京に里帰りする女性の記憶をたどる旅。音信の途絶えた姉との再会が彼女の願いであったが‥‥
⑥岡村監督×西川トーク
(1時間ちかく語り合って21時終了)


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.