移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2019/08/22)
「ブラジルのキリスト教+裏口入門」@横浜パラダイス会館(5月1日)

「ブラジルのキリスト教+裏口入門」@横浜パラダイス会館(5月1日) (2019/05/11) 今回も事前予約満員、ドタキャン若干名の横浜ブラジル★ナイト。
チョイスいただいた拙作2作品に、蔭山ヅルディレクターと伊藤修シェフがいたく感じ入ってくれました。
以下は、事前の告知です。
++++++++++++++++++++++++++++++++

おなじみ横浜パラダイス会館、蔭山ヅルキュレーターの厳選チョイス岡村作品上映とガウショ伊藤シェフの手作りディナー講座。
今回はブラジルキリスト教裏口入門上映講座と岡村が名付けてみました。
要予約、すでに残席わずかとなりました。
以下はヅルさんからの告知です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブラジル★ナイト
~岡村淳監督トークとブラジル料理の夕べ
<「さまよう人とともに マルゴット神父にきく」「生きている聖書の世界 ブラジルの大地と人に学ぶ」の巻>


*定員10名ほどの小さなスペースです。
必ずメールでご予約お願いします。
artlabova@gmail.com (件名:ブラジル予約)

ブラジル炭火焼肉ガウシャのブラジル料理をつまみながらブラジルの映像を観る夕べです。
サンパウロから岡村淳監督が駆けつけ、貴重な映像の上映とトークをしてくれます。
最近は、2016年にガウジイが伊豆大島にある富士見観音堂守になったことをきっかけに、海外日本人開拓者の方々の背景を岡村監督作品から学んでいます。

今回は、岡村監督、自主制作の原点である2作品、「さまよう人とともに マルゴット神父にきく」と「生きている聖書の世界 ブラジルの大地と人に学ぶ」です。

今回のスペシャルメニューはまだひみつ。
もちろんガウジイの炭火焼肉はその場で追加注文もできます。

イベント終了後には近くのディープ地域にあるブラジル・バーに1杯だけ飲みに行く予定です。
終電の時間もチェックしていらしてください。

・日時 2019年05月01日(水祝)18:30開場 18:40ころ~開始
・料金 1500円(フード&1ドリンク)+上映カンパ
・予約 artlabova★gmail.com(★→@)
    件名「ブラジル予約」
・会場 ART LAB OVA横浜パラダイス会館
    (〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3‐101)
    シネマ・ジャック&ベティ1Fです。

【岡村淳監督上映作品】
①さまよう人とともに マルゴット神父にきく
<西暦1997年撮影/西暦2007年製作 41分
 製作・構成・撮影・編集:岡村淳>
岡村監督の『あもーる あもれいら』シリーズの舞台であるブラジル奥地の保育園の創設者であるベルギー人の故ヴィトール・マルゴット神父が、岡村監督のビデオカメラに自分のあゆみと信条を日本語で託した奇跡的な作品。ナチスドイツ占領下のベルギーで育ったマルゴット青年はカトリック神父となり、中国での宣教を目指すがかなわず、敗戦後の日本で奉仕活動にあたる。さらにブラジルに渡り、農村地帯で孤児たちとともに生活を始めていた。

②生きている聖書の世界 ブラジルの大地と人に学ぶ
<西暦1997年製作、40分
 製作:岡村淳 小井沼國光 音楽:ARI KOINUMA
 構成・撮影・編集:岡村淳>
社会の弱者の立場から聖書を読み直して行動するという「解放の神学」とは? ブラジルの日系教会に赴任した牧師が、恩師であり旧約聖書の研究者である木田献一先生をブラジルに招いた。サンパウロのスラム街、アマゾン奥地の教会のない集落、南ブラジルの土地なき農民たちのキャンプなどで奉仕するキリスト者たちの現場を訪ねながら、解放の神学の現状と精神を探っていく。岡村監督のはじめての自主制作作品。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.