移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2020/06/13)
江田島岡村淳映画祭成功御礼(10月12日~14日) [画像を表示]

江田島岡村淳映画祭成功御礼(10月12日~14日) (2019/11/10) わが意にかなった夢の上映会が広島江田島の民家で三日間にわたって繰り広げられました。
主催者、参加者、ご関心を寄せてくださった方々に感謝です。
主催のご家族の法事上映にして、来年1月のギャラリー古藤さんでの大特集上映の予行演習も兼ねることができました。

以下、主催者からの事前の告知をご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

江田島1910バナー.jpg
待ってました!岡村さん!
ブラジル移民ドキュメンタリー映像作家岡村淳の江田島秋巡業決定!
この度は、雑魚寝上等、どっぷりと岡村ワールドに浸るべく主催者の自宅を解放しての前夜祭+二日間という贅沢すぎる日程でお届けいたします。

llと きll 2019年10月
     ①12日(土)  18:00〜20:30
     ②13日(日)  11:00〜21:00
     ③14日(月・祝)11:00〜18:30
llところll マリンバ海館
     (個人宅//江田島市江田島町小用西ノ谷のバス停近く)
     ※詳しくはお問合せください。
ll参加費ll カンパ制
ll問合せll 050-5327-2266 又はelca.elcap★gmail.com
     ※★を@に変えてお送りください。
llページllhttps://www.facebook.com/events/519715665268236/?

《各日プログラム》

▶︎▶︎12日(土)前夜祭

17:30  開場
18:00 『大アマゾン ヤノマモの人々』(60分)
    『第二の祖国に生きて』(60分)
20:30 終了予定

▶︎▶︎13日(日)「南米移民の心象風景」

10:30 開場
11:00 『南米に渡った被爆者たち』
    ブラジル編、アルゼンチン編(60分)
      −休憩−
13:30 『移住四十一年目のビデオレター グアタパラ編』(73分)
      −休憩−
16:30 『郷愁は夢のなかで』(155分)
19:20 懇親会(江田島ジンギスカン研究会による)
21:00 終了予定

▶︎▶︎14日(月)多様なるブラジル

10:30 開場
11:00 『ブラジルのハラボジ』(54分)
      −休憩−
13:30 『サルヴァドールの水彩画』(76分)
      −休憩−
16:30 『あもーる あもれいら 第一部・イニシエーション』(94分)
18:30 終了予定

《作品概要》

▶︎▶︎12日(土)前夜祭

  『大アマゾン ヤノマモの人々』(60分)
大アマゾンの秘境で独自の時空に生きる先住民ヤノマモと若き日本人テレビディレクターが生活をともにするが…

  『第二の祖国に生きて』(60分)
自らブラジル移民となった岡村監督と先輩移民たちの交流のドキュメンタリー。

▶︎▶︎13日(日)

  『南米に渡った被爆者たち』ブラジル編、アルゼンチン編(60分)
広島、長崎で被爆した後で南米への移住を決意した人たちを同じ移住者としてで訪ね歩き、それぞれの証言を記録した。

  『移住四十一年目のビデオレター グアタパラ編』(73分)
第2次大戦後にブラジル・サンパウロ州内陸に移住した一家の生活に寄り添う。一家の長老は大日本帝国海軍軍人で、移住地では海軍戦友会が開かれていた。

  『郷愁は夢のなかで』(155分)
ブラジル奥地で世間との付き合いを断ち、ひたすら自分ヴァージョンの「浦島太郎」の話を作り続ける日本人古老がいるという。岡村監督はその老人を探し求めるが…

▶︎▶︎14日(月)「多様なるブラジル」

  『ブラジルのハラボジ』(54分)
第2次大戦前、日韓併合時代の朝鮮に生まれ、日本内地を経てブラジルに渡ったコリアン移民のパイオニアにその歩みを聴いた。

  『サルヴァドールの水彩画』(76分)
ブラジルの古都サルヴァドールを訪ねた日本人画家・森一浩さんが世界遺産の街並みの路上で憑かれたように水彩画を描き始めた…

  『あもーる あもれいら 第一部・イニシエーション』(94分)
ブラジル奥地の田舎町アモレイラ。日本人シスターたちが貧しい家庭の子供たちの保育園で奮闘を続けていた。一年にわたる記録の第一

【監督プロフィール】

岡村 淳(おかむらじゅん)

記録映像作家。在ブラジル。1958年生まれ、東京都目黒区出身。
早稲田大学にて縄文文化を研究。
1982年、日本映像記録センター入社。番組ディレクターとして『すばらしい世界旅行』(日本テレビ)「大アマゾン」シリーズなどを担当。
1987年、フリーとなりブラジルへ移住。小型ビデオカメラを用いた一人取材に開眼、南米の日本人移民や環境問題などをテーマに自主制作によるドキュメンタリーづくりをはじめる。自らが立ち会うライブ上映会を日本とブラジル、欧米諸国で展開中。
著書に『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』(「港の人」刊、日本図書館協会推薦)がある。
現在、今年98歳を迎える画家の富山妙子さんの記録を製作中。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.