移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     これまでの上映会・イベント(2015年-...  (最終更新日 : 2020/04/13)
富山新湊でふたたび上映会実現しました(1月30日)

富山新湊でふたたび上映会実現しました(1月30日) (2020/02/26) 奇遇にも、岡村の母系のルーツの地である富山県射水市にて、ふたたびブラジルコネクションによる上映会が実現しました。
先回の上映会の縁で当日午前中の北日本放送のラジオ生番組出演がかない、放送を聞いた方々にもお越しいただいて、ますます輪が広がっていきました。
下記は、事前の告知です。
~~~~~~~~~~~~~

あの感動を、いま一度。
富山県のシンパ連合がふたたび上映会を企画してくれました。
ごいっしょに楽しみましょう。
主催は「ブラジルドキュメンタリーを見る会」@とやま。
以下は、主催者からの告知です。

♨ ♨ ♨ ♨ ♨ ♨ ♨ ♨

今回は、コチラの2作品です↓

〇part1『きみらのゆめに』
サンパウロにあるモンテッソーリ教育を行う少人数制のイルマンカタリーナ初等学校。
2010年、卒業を迎えるクラスの記念ビデオを制作したもの。

ブラジルの14,15歳の少年少女たちからほとばしる命のエネルギーや、一人ひとりの夢と希望をふんだんに感じられる作品。

〇part2『あもーる あもれいら/イニシエーション』

ブラジル南部パラナ州の奥地、大豆やサトウキビのプランテーションに囲まれた小さな田舎町アモレイラ。
貧困、病苦、失業、アルコール中毒、麻薬中毒、家庭内暴力、売春、性暴力…厳しい家庭環境で育った子供たちと、日本の長崎純真聖母会から派遣され、神の愛を実践しようと奉仕活動をする4人のカトリックのシスターたち

その町の貧しい家庭の子供たちの世話をする保育園の1年を記録した作品。

★どちらも上映後に、岡村淳監督の解説があります。
岡村作品を見て、今後自分が、所属する社会が、世界が、どう生きるかについて、共に考える機会になれば嬉しいです😊

○日時 
・2020年1月30日(木)
・開場 17:30
・開演 18:00 (終了予定 21:00頃)
・上映会終了後、懇親会を予定しています。

○参加費 カンパ制

○会場 射水市立新湊交流会館(高周波文化ホール隣)
    2階 ホール1


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.