移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/03/22)
1月15日(日)の記 まずは、なめろう

1月15日(日)の記 まずは、なめろう (2017/01/16) まずは、なめろう
ブラジルにて


4週間ぶりに日曜の路上市で鮮魚を買える。
これまで4軒あった魚屋は3軒になってしまった。

おなじみの店はイマイチな感じで、もう一軒で。
1キロ程のアジを購入。

おろしてもらうのに小一時間かかる。
その間、安売りの野菜類の小袋を買ったり。
タラの切身もその間に値段が下がったようで、1キロ購入。

夕方。
まずは、三枚におろしてもらったアジの中骨に残った肉をスプーンでほじくり出す。
冷蔵庫にふんだんにあるネギをたっぷり刻み、ブラジル製味噌、醤油、みりん、おろしショウガを加えて、なめろうにしていただく。

けっこうけっこう。
はちみつカイピリーニャでキッチンドリンク。

からからに乾燥した自家製切干大根をインゲンと味噌汁にして、大根の皮とニンジンのきんぴらもこさえる。

メインのアジは刺身にして、自家製大根のツマ、ヒジキ、パプリカでいろどり、ショウガと青ネギで。
刺身の方は脂のノリが今ひとつだったかな。

刺身の苦手な家族のために、アジの塩焼きも作成。

有機農園から、追加でミョウガが入り、ヤッホー。
まずは自家製「山形のだし」に刻み込んで。

はちみつカイピが、どんどんすすんでしまうではないか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.