移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/03/29)
1月22日(日)の記 黄金のアジ

1月22日(日)の記 黄金のアジ (2017/01/22) 黄金のアジ
ブラジルにて


朝イチの外出の帰りに、路上市に寄る。
来週の日曜は不在だろうから、しばらく魚はお預けだ。

大きめのアジをすすめられる。
アジの仲間なのだろうが、ちょっと黄金色がかっている。
東アジアの温帯、わびさび文化の地の出身の人間にはちょっと抵抗があるが、買い。
重さ1キロ半、牛肉とどっこいどっこいの値段だ。
三枚におろしてもらう。

夕方。
まずは中骨で、なめろうづくり。
先週の1キロほどのアジに比して、体積にして倍はある感じ。

今日はメインの身もタタキでいってみることにした。
ちょっと味の傾向は似ちゃうけど、ネギもミョウガもあるし。

のこりの頭、骨ももったいなく、アラの味噌汁とする。
ネットでレシピを調べると、アジのアラにはジャガイモを合わせるのがいくつもある。
わが家はネギ、ショウガ、ミョウガ、サヤインゲンでいってみよう。

このアラが、貝の味噌汁のように濃厚。

タタキもナメロウもけっこう残ったが、さあどうしよう。
ネット検索。
ふむ、ツミレかハンバーグ風か。
いたませないようにしないと。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.