移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/03/22)
1月28日(土)の記 運転と撮影

1月28日(土)の記 運転と撮影 (2017/01/31) 運転と撮影
ブラジルにて


段取りもよくわからないまま。
これが最後のお勤めということらしい。
フマニタスの佐々木治夫神父よりのご案内で、29日にフマニタスをブラジルの修道会に譲る記念のミサが行われるとのこと。

すでにフマニタスは、聖カミーロ会という国際的な修道会に譲渡されていた。
その後、いろいろあって今度はブラジル生まれの「神の摂理のアシスの聖フランシスコ修道会」とでも訳そうか、地元の司祭も覚えられないような長い名前の修道会に任されることになった。

訪日が迫っているので、今回は失礼しようかとも思ったが、あとはないかもしれない。
思い切って友情撮影をすることに。

前日の午後のうちに着けばいいなと予定を立てておくと、28日午後1時半にクリチーバ総領事が来るので、それに間に合わせられたしとの連絡。
今回はフォトグラファーの楮佐古晶章さんにもご同行いただくので、これに間に合わせるとなると、犯罪多発都市サンパウロで未明に合流しなければならない。

サンパウロでは昨今、邦人が被害にあう犯罪が多発中。
先日も日中、運転中の駐在員が強盗に銃殺されている。
僕自身、運転中に殺されかけたことは何度かあり、車と備品の盗難も何度か体験している。

午前5時半合流。
あとは550キロ強、東京から東北自動車道経由で盛岡に到着する距離を、ひたすら走る。
ひとつ間違えば、すべてアウト。

なんとか指定時間前にたどり着くと、間もなく総領事が到着する由。
関係者もざっくりとした段取りしかわかっていない。

押っ取り刀で撮影。
いやはや。

運転疲れ、撮影疲れ。
明日が本番だが、そのミサの段取りもよくわからない。
まずは横になろう。
昨晩から、熟睡できていない。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.