移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/04/26)
2月18日(土)の記 鷹番をたがやして

2月18日(土)の記 鷹番をたがやして (2017/02/21) 鷹番をたがやして
日本にて


先日、定休日を確かめずに行ってしまった江古田のソフビ専門店コスモナイトαさんを再訪。
電車賃も時間もかかるので、コスモナイトさんからそこそこの徒歩圏にある銭湯料金の温泉・久松湯も再訪することに。

最安電車賃ルートの氷川台駅下車、情けないほど道に迷う。
ここは…桜台6丁目か。
玄関先に原寸大の仮面ライダーが控える民家を発見。
話の種に引き返して表札を見ると、石ノ森章太郎とあった。
ああ面白い。

土曜の午後の久松湯はなかなかの人口密度、今後は避けたいところ。
今日もクリカラモンモンの男性が入湯、僕が石鹸を置いてあった流し場に陣取られて往生する。

夜からの鷹番上映の前に、若い友人夫妻と喫茶。
今晩の上映会は会場が手狭でもあり、満員御礼。
岡村自らが地味だ地味だと喧伝している『消えた炭鉱離職者を追って サンパウロ編』に熱い支持をいただく。
主催の流浪堂の二見ご夫妻、そしてご来場の皆さんと一緒に上映の場と新たな観客層をたがやしてきたこと、さらにその芽生えを感じて感無量。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.