移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/04/26)
2月25日(土)の記 オリエは いづこ

2月25日(土)の記 オリエは いづこ (2017/03/02) オリエは いづこ
日本にて


♪抱いてくれんね 信介しゃん

思わぬはからいで、筑豊に来てしまった。

上映会場入りの前に、急ぎ足で旧伊藤伝右衛門邸をご案内いただく。
折しも雛人形展開催中で、なかなかの人の入り。
雛人形を使った源氏物語の場面の大ジオラマは、圧巻。

今日の上映を主宰してくれた3人のうち、2人は今日が初対面。
平均年齢70歳を超え、いずれもこうした上映会を主宰されるのは、はじめて。
チョイスいただいた作品は『消えた炭鉱離職者を追って サンパウロ編』。

主人公の犬養光博牧師が、長崎は松浦から駆けつけてくれた。
僕の方は移動続きで、こころがまだ筑豊についてきていない感じだったが、犬養先生にいただいた挨拶で目を覚まされた思い。

広い公民館だが、上映の音声はプロジェクターからワイヤレスマイクで拾うという超アナログ方式。
作品の大半は音声を聴くシーンなので、音が聞き取りにくいと会場からクレームをいただく。
それ以外は及第点かと。

3人のシニア主催者、よくがんばっていただき、感謝。
別の小さな公民館での懇親会のあと、飯塚のホテル泊。
西国ミッション、最初のヤマ場を越える。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.